鹿児島で遺品整理のMMSEサポート
本文へ移動

スタッフブログ

南日本新聞で「生前整理」の記事を発見

2018-08-21
鹿児島の生前整理・遺品整理専門業者、(株)MMSサポート・MMSクリーンサポートの桑迫です!
17日金曜日の南日本新聞の1面に「生前整理を」という記事がありました。
一応私も専門家の端くれなので「生前整理」について少しお伝えしようと思います。
皆様ご存知の通り、お亡くなりになられてから行うのが「遺品整理」でご健在のうちにされるのが「生前整理」と大きくわけられます。
ただ生前整理には遺品整理と違い様々なパターンがあります。①よく「終活」と言われるご自分でご自分のご自宅の整理をご依頼される場合、②ご家族の入退院の前後に今後の生活状態を考慮したご本人様やケアマネージャー様、ご家族からの整理のご依頼、③親御様の施設様等への入居の際にご実家を今のうちに整理して欲しいという息子様娘様からのご依頼と、弊社にご相談がよくあるのがこのパターンです。
生前整理の良い点は、時間をかけて行うことができることです。遺品整理、特に賃貸住宅の場合の遺品整理は賃貸契約の関係上で時間との戦いになってしまいがちです。さらに各種届け出や書類の処理に多くの時間をさきます。
一方、生前整理ではご両親、ご兄弟、将来のことなど多くのことを相談することが可能になります。今後使うものなのか、大切なものなのか、処分できるものなのか、自分たちで果たしてやりきるのか、などお家1件の中の品物だけでも悩むことはたくさんあります。
ただ、生前整理には「覚悟」が必要です。なぜならご本人がお亡くなりになる前にその方の品物を処分する必要があるからです!
思い出の品物や大切に利用されていたものを仕分け、整理していかなければなりません。言葉が適切なのかはわかりませんが「思い切り」が必要になります。私たちは作業の際にその「思い切り」の中にある「想い切り」の心に寄り添わなければいけないといつも心掛けています。
たまたまなのか、南日本新聞にこの記事がのった日に南九州市で生前整理のお見積もりのご依頼があり、お伺いしました。
1年ほど前にお母様が施設様にご入所されてから娘様達で少しづつ片付けをされていたそうなのですが、時間や体調面から自分達だけでは厳しいと弊社にご依頼されたとのことでした。
お見積もりの際、お話の中では明るく「もういらないかな~」「とってても仕方がないから」とよくおっしゃっていたのですが、少し間があった後お姉さまがボソッと「きっとこの家にはもう帰ってこれないと思うから…」と少し寂しそうにおっしゃられました。その言葉を聞いた時、ご依頼者様も相応の覚悟をもってご依頼されているんだと改めて感じました。
明日よりそちらのお家の生前整理を弊社でさせていただきます。ご依頼者様のお気持ちや思い出に寄り添いながら、作業完了後ご依頼者様に少しでも笑顔になっていただけるよう気持ちを込めて作業させていただこうと思います。
ちょっとしたことでも悩まれたり、わからない時はいつでもご相談ください!
少しでもお力になれればと思います。
株式会社MMSEサポート
〒890-0067
鹿児島県鹿児島市真砂本町27-8
TEL.099-800-7525
FAX.099-258-6490
1.■生前整理■
2.■遺品整理■
3.■介護整理■
4.■特殊清掃■
5.■空き家整理■
6.■ごみ屋敷清掃■
TOPへ戻る